新しい自分を探しに行きましょう

今の自分に満足していますか?

寝ぼけ眼をこすりながら、朝早く家を出て、馬車馬のように働いてクタクタのまま家に帰る平日、休日出勤も当たり前でたまの休みにはひたすら寝ていたい。

こんな生活を繰り返しているとあっという間に時は過ぎて体には無駄な脂肪と疲れたシワだけが残ってしまいます。日々の生活には満足なんてほど遠いけど、何かをする気力も湧いてこない、それはなぜでしょう。答えは簡単、日々眺める景色が一緒だからです。眺める景色が一緒だと変わらないことにどこか安心感を抱いているかもしれませんが、ちょっと待ってください、本当にそれって正しい安心感ですか?

もしかしたら、あなたを良い方向に変えてくれる「刺激」が不足しているだけかもしれませんよ。

いつもと違う景色を観に行きましょう!

毎日の通勤ルートを変えるだけでも、いつもとは違う景色を眺めることができますね。やっていない方は是非一度、騙されたと思ってチャレンジしてみてください。どうです?なんとなくワクワクしてきませんか?新しい景色を五感で感じることで自分の細胞1つ1つが目覚めている証拠です。いつもの仕事でもどことなく張りを感じて取り組めることでしょう。

そうです、いつもの景色を見ているだけじゃ自分の細胞は眠ってしまうのです。それに気づいたらあとは決断するのみです。まずは近場から自分の見たことのない景色を体験しに旅行へ出かけましょう!

眠っていた細胞が目覚めて新しい自分に会えるはずですよ!

秋になったら武雄に行くならタビマスターズを活用して旅行を計画しよう。

車で旅行することが流行しています

車内泊をするのが流行

車で旅行をしていることが流行していますが、これは別に移動手段としてだけのものではないです。それは車内で泊まる、ということです。車内泊をすることによって、宿泊費を浮かしつつ、旅行をする、というのが流行しているわけです。それほど大きな車でなくても二人くらいであれば、十分に泊まることができます。こうしたことを老後になってからやる人が多くなっています。時間はたっぷりとあるわけですから、こうした旅行ができるわけです。軽自動車でやっているいますが、ワゴン車ならば、広めにスペースがありますから、意外と快適に夜を明かせます。

運転をすることが好きならば

車で旅行をすることは運転するのが好きであれば、意外と面白い場合が多いです。距離にもよりますが、費用も安く抑えることができるときもあります。四人くらいで旅行する場合、相当に移動費用を安くできるようになります。ガソリン代次第でもありますが、とにかくこの場合は四等分できるわけですから、極めて楽です。それに車はかなり小回りが利きますから、なんといっても、細かいところまで見に行くことができます。今はカーナビゲーションもありますから、それを見て運転すれば、基本的には迷うこともないです。良い旅行の移動方法であるといえます。

春になったら出雲市に詳しいタビマスターズを見つけて飛び立とう

寝台列車はエキサイティング

わずか一畳分のスペース

学生時代に、東北地方から、日本海側を通って関西地方へと旅行した時のことです。できるだけお金と時間を節約したいと思いましたから、寝台列車の利用を思いつきました。

初めて乗車しましたが、カーテン一枚で仕切られた空間はわずか一畳分。ハシゴを使って上り下りすることすら新鮮で、わくわくしながら一畳分のスペースを陣取りました。

眠ってしまったならば、すぐに関西へ到着します。けれど、非日常的な空間に興奮して、なかなか寝つくことができません。薄暗い車内のあちこちからはイビキの音が聞こえます。その合間に、カタンコトンと規則正しいレール音。耳を澄ませているうちに、いつしか眠りの底へと引きずり込まれました。

まるで海のようにダイナミックな光景

きゃあきゃあと、賑やかな声で目が覚めました。同じ車内には、修学旅行生が乗っていたのです。そっとカーテンを開けて様子を見たら、女子高生達が興奮した面持ちで窓の外を眺めていました。

車窓に広がっていたのは水平線。女子高生達が口々に言っています。「これ、何?」「海でしょ?」「太平洋、それとも日本海?」付き添いらしい女の先生は、困ったように首を傾げていましたが、「日本海じゃないかな」と自信無さそうに言いました。

残念ながらハズレです。だって、これは琵琶湖ですから。北海道からはるばる関西を目指してきた女子高生と先生は、勘違いしてしまったのです。大学を出たばかりのような若い先生でした。恐らく、社会の担当ではありません。

夏になったら吉野行きのタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。

海外旅行にあると意外に便利な物

様々なシチュエーションで便利なウェットティッシュ

海外旅行において、日本から持っていくと便利な物が色々あります。その中でも特に欠かせないものは「ウェットティッシュ」です。海外のレストランでは日本のようなおしぼりのサービスは基本的にありません。ウェットティッシュを携帯しておけば、食事中にお手洗いなどを利用することなくさっと手を拭うことができ便利です。また海外では、公衆トイレだけでなくレストランのトイレにもトイレットペーパーがない場合があります。そのような時ウェットティッシュがあれば問題ありません。このように様々なシチュエーションにおいてウェットティッシュが活躍してきます。

電気ケトル持参でいつでもお茶が楽しめます

海外旅行に来ると急にインスタント麺が恋しくなったり、観光に疲れて部屋に帰ってきたら日本茶が飲みたくなったりした経験はありませんか。そのような時に活躍するのが日本から持参した「電気ケトル」です。もちろん海外旅行先やホテルによりけりではありますが、ヨーロッパ式のホテルなどは基本的に部屋にケトルはありません。もしお湯が欲しくなったらフロントへ電話をして持ってきてもらわなければなりませんが、それもひと手間でしょう。もし持参の電気ケトルがあればいつでも部屋でお湯をわかすことができるのです。東急ハンズやLOFTといった様々な店で海外対応のものを取り扱っていますので、海外を訪れる際はぜひ持っておきたいものです。

ここから占冠に行くならタビマスターズでいつもより楽しい時を過ごそう。

猫好きにはパラダイス!?「猫の島」をめぐる旅

猫の神様が祭られる宮城県の田代島

日本各地には「猫の島」と言われる、猫がたくさんいることで有名な島があります。そこで、そんな「猫の島」をいくつかご紹介してみたいと思います。

まず、東北地方の有名な猫の島としてあげられるのは、宮城県石巻市・仙台湾に浮かぶ「田代島」。NHKの人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとしても知られるこの島は、島の中央に猫の神様を祭る「猫神社」があり、古くから猫が大切にされてきました。猫の天敵である犬は入島禁止という徹底ぶりで、島民よりも猫の数が多い正真正銘の「猫の島」です。最近では噂を聞きつけ、猫を目当てに島を訪れる観光客も増えているそうです。

日本各地の「猫の島」を訪れてみよう!

次にご紹介したいのが愛媛県大洲市にある「青島」。瀬戸内海に浮かぶこの島は、15人の住人に対して100匹以上の猫が暮らし、島民全体で猫たちの世話をしています。年々島を訪れる観光客も増えていますが、特に観光地ではなくコンビニや宿泊施設などもないので注意が必要です(キャンプ場はあります)。

そして福岡県にも猫の島があります。一つは新宮町沖の玄界灘に浮かぶ「相島」、もうひとつは北九州市小倉北区の響灘に浮かぶ「藍島」(どちらも「あいのしま」)。相島の方にはおよそ100匹、藍島にはおよそ300匹ほどの猫がいると言われていて、あちこちで猫が遊んだり日向ぼっこをしています。

その他にも岡山県の真鍋島など、日本には沢山の猫の島があります。猫好きの方は一度お近くの猫の島を訪れてみられてはいかがでしょうか。

秋になったら浅草に精通しているタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

中国語が好きならば旅行先は

観光をしつつ語学を試す

中国語を学んでいるのであれば、一回くらいは中国に行ってみることです。そこで語学力を試してみるのです。そうすることによって、さらに学習意欲が沸くことになります。もちろん、それだけでなく、キチンと観光をすることもお勧めできます。非常に魅力的な国ですから、十分に観光をするところはあります。自然、建造物、食事など、観光として楽しむことができるところはいくらでもありますから、それに困ることはないです。無理に辺境に行く必要はなく、別に大都市であっても色々と楽しいところはあります。まして、黄河や長江なんかは近くにあることがあります。そうした都市からいってみることがお勧めできます。

河川が見所の一つです

険しい山も中国には多く、まさに雄渾な佇まいであり、見る価値はあります。しかし、雄大な河川が中国の一番の見所であるといえます。言うまでもなく、長江と黄河です。黄河なんかは、黄河を治めるものは天下を制す、といわれているくらいのものだったのです。要するに治水のことなのですが、そのくらいよく暴れる河だったのです。人類の叡智を結集して、治水工事をしています。また、長江にはダムがあります。三強ダムというものなのですが、非常に大きいです。世界で一番コンクリートを使っている人工物、ということになっています。見ることをお勧めします。

ここで小樽に詳しいタビマスターズを探して旅に出てみよう。

イギリスを旅行することは

イギリスは見るところが一杯です

イギリスというものは、見るところが一杯ありますから、非常によい旅行先であるといえます。その一つがまずはタワーブリッジです。跳ね橋であり、そして、非常に綺麗な建物でもあります。ゴシック調の塔がありますので、実に格好がよいところであるといえます。その中は博物館になっていますから、是非とも見るべきです。また、絶対に見たほうがよいところがまだあります。それがウエストミンタスー寺院です。これは世界遺産でもあります。戴冠式を行うところとしても有名です。これは見たほうが良いところになります。実に壮観な教会です。

イギリスの教会は独自の

色々と難しい話ではあるのですが、イギリスはキリスト教でもかなり独自の発展を遂げたところでもあります。その総本山ともいうべきところです。つまりは、イギリス国教会の寺院、ということです。イギリスにはよくあることではあるのですが、ゴシック建築の壮大な建物であり、感動すら覚える素晴らしい建造物です。また、ビックベンもお勧めできます。ウエストミンスター宮殿にある時計塔です。ロンドンの象徴となっているものです。ですから、これもロンドンに行ったときに見てみるべきところの一つであるといえます。また、英語の本場ですから、それを試してみる、ということも出来ます。英語力を試してみるのです。

ここから福井行きのタビマスターズを活用して旅行計画を立てよう。