中国語が好きならば旅行先は

観光をしつつ語学を試す

中国語を学んでいるのであれば、一回くらいは中国に行ってみることです。そこで語学力を試してみるのです。そうすることによって、さらに学習意欲が沸くことになります。もちろん、それだけでなく、キチンと観光をすることもお勧めできます。非常に魅力的な国ですから、十分に観光をするところはあります。自然、建造物、食事など、観光として楽しむことができるところはいくらでもありますから、それに困ることはないです。無理に辺境に行く必要はなく、別に大都市であっても色々と楽しいところはあります。まして、黄河や長江なんかは近くにあることがあります。そうした都市からいってみることがお勧めできます。

河川が見所の一つです

険しい山も中国には多く、まさに雄渾な佇まいであり、見る価値はあります。しかし、雄大な河川が中国の一番の見所であるといえます。言うまでもなく、長江と黄河です。黄河なんかは、黄河を治めるものは天下を制す、といわれているくらいのものだったのです。要するに治水のことなのですが、そのくらいよく暴れる河だったのです。人類の叡智を結集して、治水工事をしています。また、長江にはダムがあります。三強ダムというものなのですが、非常に大きいです。世界で一番コンクリートを使っている人工物、ということになっています。見ることをお勧めします。

ここで小樽に詳しいタビマスターズを探して旅に出てみよう。